FAQ

ヒプノセラピーって何ですか?

深くリラックスした変性意識状態を催眠と言います。その状態で心と身体がとてもくつろいでいると、普段はなかなか気がつかない心の奥深くの記憶や意識とつながることができるので、その状態を利用して様々な改善を促すようにする方法が、催眠療法つまりヒプノセラピーです。

催眠中は意識がなくなるのですか?

完全に意識がなくなることはなく、周りの音や様子なども分かります。そして催眠状態は何も特別な状態ではなく、実は気がつかないうちに私たちの日常生活で自然に行われています。例えば、朝、目覚めて夢うつつの時、集中して本を読んでいる時など体はとてもリラックスしながら何かに集中している時などがそうです。また瞑想や気功法などを行っている時もトランス状態に入りやすい状態と言えるでしょう。

言いたくないことを意識しないうちに話したりしないか心配です

意識は理性の働きを持っているので、自分の道徳観、倫理観に反したものや不利になるような内容には反応しませんし、自分の意識に反してコントロールされることはありませんのでご安心ください

テレビで見るようなエンターテイメントとは異なります。

ヒプノセラピーは安全ですか?

副作用もなく療法として取り入れるのがヒプノセラピーの良さです。セッション中はとてもリラックスして心地よく副交感神経も優位な状態になっているので、自律神経系のバランスを整えたい方にもお勧めします。ヒプノセラピーの後はしっかりと目覚め意識もはっきりします。

NLPとは何ですか?

NLPは行動動機になっている考え方を別の角度から見直したり立ち止まって考えたりするのに有効な心理療法です。元々は心理セラピストの行なっていたアプローチを一般でも使えるようにわかりやすくしたものですので、医療・教育・ビジネス・家庭など広い分野で活用されています。

セラピーを受ける回数や期間は、どの程度を目安にすれば良いですか

回数や期間については、初回ご相談の際に決めていきます。無理な勧誘はありませんのでご安心下さい

また、ご相談の内容や状況により個人差がありますことを予めご了承下さい。

ヒプノセラピーは心理療法として認められていますか?

ヒプノセラピーは1955年に英国医師会(British Medical Association)、

1958年に米国医師会(American Medical Association) 米国心理学会(American Psychological Association)から安全で有効な心理療法と認められています。

*当方では、診断・投薬などの医療行為は行っておりませんので予めご了承下さい。

 

催眠に入れるか不安です

「絶対に受け入れない」と意識を強く持っている場合難しいです。最初からリラックスするのが難しい方もいらっしゃいますが、それでも慣れてくると自然に入れるようになってきます。不安なまま始めるとさまざまなブロックが入ってしまうので、始まる前にご説明致しますので気になることは何でもご相談ください。

ヒプノセラピーの特徴は何ですか?

ご自身の問題・症状に向き合いながら、自己の問題解決能力に気づくことがヒプノセラピーの特徴です。また生理的な特徴として副交感優位、心身ホルモンバランス循環、エネルギー向上など。心理的には不安感が低下し意識が抑制されると同時に直感的で無意識に近づくなどの特性があります。

誰でも受けられますか?

基本的にどなたにも受けていただけます。通院またはお薬を服用している方は、事前にかかりつけの医師にご相談の上、お越しください。精神障害の傾向のある方は申し訳ございませんが、お断りする場合がございます事をご了承ください。また乳幼児、アルコールやドラッグ依存の方はヒプノセラピーを受けることができません。

Are you ready for things to change?